【春】タイトスカートの足元に合う靴は?おすすめシューズ紹介!

身体のラインに沿うタイトスカートは、女性らしい柔らかさを演出できるアイテムです。

春らしく着こなすには、足元はどんな組み合わせにしたら良いのでしょうか。

さまざまなデザインのシューズがあるので、季節感のあるコーディネートにするにはどう合わせるべきか、悩んでしまいますよね。

そこで今回は、春にタイトスカートと合わせるおすすめのシューズを紹介します!

春にタイトスカートと合わせるおすすめのシューズを紹介

春らしいコーディネートにするには、タイトスカートとシューズのあいだの脚の肌見せ具合を調節して抜け感を出すことが大切です。

それでは春にタイトスカートと合わせるおすすめのシューズとコーディネートを見ていきましょう。

ローカットのスニーカー×タイトスカート

 

View this post on Instagram

 

さん(@223.ce)がシェアした投稿

ロング丈のタイトスカートの場合は脚の肌見せがほとんどないので、脚を出すことに抵抗のある方や、大人の女性にも挑戦しやすいタイトスカートと言えます。

その分、合わせるシューズはローカットでくるぶしの見えるデザインを選ぶと好バランスです。

ソックスもスニーカーソックスなどのショート丈のものを合わせて、動くたびに足首が見えるように調節することで、足元が重くなりすぎず、抜け感を演出できます。

逆に、タイトスカートがひざ丈など少し脚の出る丈の場合は、大人っぽさを残しつつ、ローカットのスニーカーと合わせることで元気なはつらつとした印象を与えることができます。

ひざ丈のタイトスカートとなら、ソックスとの組み合わせも楽しめます。

POINT
  • くるぶしの見えるローカットのスニーカーなら、足首見せで抜け感を演出できます。
  • ひざ丈のタイトスカートと合わせるときはソックスとの組み合わせも◎
参考アイテム

写真ではベージュを着用されています。

ベージュはSNSでも特に人気で、完売のお店も多いです。ほかにもさまざまなカラーが揃っているので、集めたくなってしまいますね!

ダッドスニーカー×タイトスカート

 

View this post on Instagram

 

EMIさん(@emi0830emi)がシェアした投稿

タイトスカートにごつめのスニーカーを合わせれば、スポーティな着こなしができます。

”お父さんのスニーカー”のようなデザインのダッドスニーカーは、今季も引き続き人気のアイテムなので、タイトスカートとの組み合わせでトレンドをうまく取り入れたコーディネートに。

アクティブな印象で、春のアウトドアなお出かけ先にもぴったりですね。

スニーカーのごつめなシルエットによって、足首の細見え効果も期待出来て◎

POINT
  • トレンドのダッドスニーカーとタイトスカートで旬なアクティブスタイルに。
  • スニーカーのシルエットとの差で、足元の華奢見えも叶います。
参考アイテム

写真と同じアイテムです。

トレンドのごつめのシルエットとコーディネートに取り入れやすいカラーリングが魅力的ですね。

マニッシュシューズ×タイトスカート

 

View this post on Instagram

 

陽さん(@yoahiru.w)がシェアした投稿

レザーやエナメルの光沢感のあるマニッシュシューズは、メンズライクな印象を与えるアイテムです。

マニッシュシューズとソックスを組み合わせて、女性らしさのあるタイトスカートに合わせることで、それぞれの良さを生かしたバランスの良い着こなしができます。

マニッシュシューズは、黒やネイビーならぴりっとした緊張感を演出。

ブラウンなら柔らかくレトロな印象に。

清潔感のある白なら、より春らしくさわやかな雰囲気になるのでおすすめです。

スカートやブラウスにレースがあしらわれたものを取り入れれば、クラシカルなコーディネートになります。

かっちりした小ぶりなバッグとも相性抜群です。

POINT
  • メンズライクになりがちなマニッシュシューズはタイトスカートと合わせれば上品でクラシカルな雰囲気に。
  • レザーやかっちりしたバッグとも好相性です。
おすすめアイテム

写真と似たアイテムです。

プチプラなので、マニッシュシューズ初挑戦の方にもおすすめです。


バレエシューズ×タイトスカート

 

View this post on Instagram

 

@ue_004がシェアした投稿

バレエシューズのようにつま先に丸みのあるシンプルなパンプスは、優しげでガーリーな印象を与えます。

かっこよさのあるタイトスカートとバレエシューズを合わせることで、ふんわりとした優しい雰囲気をプラスできます。

主張しすぎないシューズなので、さりげなく差し色を取り入れるのも良いですね。

足の甲が大きく開くので、抜け感がうまれ、より季節感のあるコーディネートになります。

脚の露出が多くなりやすいので、タイトスカートはひざの隠れるミモレ丈~ロング丈を選ぶとバランスがとりやすく、おすすめです

POINT
  • 優しげな雰囲気を持つバレエシューズは、かっこよさのあるタイトスカートと相性抜群。
  • バレエシューズで明るいカラーを取り入れるのもおすすめです。
  • タイトスカートはひざの隠れる丈を選ぶと◎
おすすめアイテム

写真と似たアイテムです。

さまざまなカラーがあるので差し色として揃えやすいお値段も嬉しいですね♪


サボサンダル×タイトスカート

 

View this post on Instagram

 

cocoさん(@1cocokrock)がシェアした投稿

タイトスカートに、さっと履けるサボサンダルを合わせるとリラックス感のあるコーディネートになります。

サボサンダルはかかとのないデザインですが、足の甲をしっかりと覆ってくれる安定感と、レザーのような質感がきちんとした印象も与えます。

夏に履くようなサンダルではまだ寒いかな、という気候の日にも安心ですね。

しっかりとしたソールなので、ヒールが苦手な方でも無理なくスタイルアップができるのでおすすめです。

タイトスカートもリネン混などの春夏素材のスカートを選ぶと、より涼しげで季節感のある着こなしに。

POINT
  • さっと履きやすいサボサンダルと合わせれば手抜き過ぎない絶妙なリラックスコーデに。
  • 厚みのあるソールで無理なくスタイルアップ。
おすすめアイテム

写真と似たアイテムです。

日本製で歩きやすいソールが魅力的です。ブラックのほかにホワイト、ブラウンもありますよ♪


ヒールサンダル×タイトスカート

 

View this post on Instagram

 

Pierrot[ピエロ]さん(@pierrot_shop)がシェアした投稿

暖かくなってきたら、タイトスカートにヒールのサンダルを合わせれば、より大人っぽくレディな着こなしができます。

足首にストラップのついたものなら歩きやすく、脚の肌が見える部分にアクセントをつけることができるのでおすすめです。

モノトーンのサンダルなら、タイトスカートで明るいカラーを取り入れるのも◎

逆に、モノトーンのタイトスカートやトップスには、サンダルでさりげなくカラーを取り入れるとおしゃれ感がアップします。

POINT
  • タイトスカートにヒールサンダルを合わせると、より涼しげで季節感のある着こなしに。
  • 足首にストラップのあるものなら足元のアクセントにもなります。
おすすめアイテム

写真と似たアイテムです。

クッションの入ったインソールや脚がきれいに見える7cmヒールなど、歩きやすさにこだわったサンダルです。


ヒールパンプス×タイトスカート

 

View this post on Instagram

 

希*˘ ˘*Office ladyさん(@mkmrt1)がシェアした投稿

ヒールのパンプスは、合わせるだけでコーディネートをきれいめにまとめてくれる万能アイテムです。

タイトスカートと合わせれば特に上品で大人の女性らしい着こなしになるので、オフィスカジュアルやきちんとしたい場面にもおすすめです。

ママ世代なら、タイトスカートやパンプスをオフホワイトやベージュ、ネイビー、ブラックといったベーシックカラーにすることで、入園入学や卒業式などのイベントにも使えるコーディネートに。

ピンヒールのものなら上品に、ヒールの太いものならカジュアル寄りにシフトできます。

チャンキーヒールと呼ばれる四角くて太いヒールのデザインも人気があり、歩きやすいのでおすすめです。

POINT
  • きれいめコーデの万能アイテムヒールパンプスは、タイトスカートと相性抜群!
  • ピンヒールなら上品に、チャンキーヒールならカジュアルに着こなせます。
おすすめアイテム

写真と似たアイテムです。

さまざまなカラー展開と、ヒールの高さが選べるのが嬉しいですね。


まとめ

今回は春にタイトスカートと合わせるおすすめのシューズを紹介しました。

スニーカーと合わせてアクティブに

マニッシュシューズとソックスを合わせてクラシカルに

バレエシューズを合わせて柔らかな女性らしさを演出

サボサンダルを合わせて気取らないリラックスコーデ

ヒールのあるサンダルやパンプスを合わせて上品な着こなしも。

身体のラインが出るぶんセクシーな印象を持ちやすいタイトスカートは、足元の合わせ方によってさまざまな雰囲気で着こなすことができることがお分かりいただけたかと思います。

お出かけ先や目的に合わせて、いろいろな組み合わせを楽しんでみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です